SCSミュージカル研究所 SCSについて

SCS /// STUDIO CHIZUKO SENDAI ///
 SCSについて
  • SCSミュージカル研究所 (SCS Musical Theatre Company)

     1990年設立。仙台を中心に創作ミュージカルの公演・制作を行っているグループ。主宰兼芸術監督は演出家の梶賀千鶴子、代表は廣瀬純、管理・運営は(有)純クリエイションが担当している。設立から現在までのオリジナル作品数は140本を越える。レッスン、稽古は仙台市内の専用稽古場で行っており、現在のメンバーは保育園児から80代までと幅広い。出身者には劇団四季や宝塚歌劇団などの舞台でプロとして活躍している者も多い。

     代表作に『TAROH』『sakura』があり、『TAROH』は1993年にトロント(カナダ)公演を成功させた。メンバーが指導にあたった歌津町(現・南三陸町)ミュージカルは1998年ふるさとイベント大賞(自治大臣賞)を受賞し日本一となる。2001年みやぎ国体夏季大会開会式ではプールを使用したシンクロナイズド・ミュージカル『ビバ!支倉』を上演し話題となる。2003年、日生劇場(東京)ミュージカル『みどりのゆび』にSCSから8名が選抜。また2013年には5か国100名の出演者によるミュージカル『常長の祈り』を上演。

     一方で自治体等から依頼を受け、2001年に宮城県七ヶ浜町にて、2008年に岩手県一関市にて、2009年に山形県米沢市にてそれぞれ指導業務を開始。各地で定期的にミュージカルのレッスンを行っている。一関のミュージカルはドイツ公演を、米沢のミュージカルは2度の東京公演を、また七ヶ浜のミュージカルは日生劇場での東京公演をそれぞれ成功させている。

     主宰の梶賀千鶴子は、劇団四季で作家、演出家として活躍。代表作に『ユタと不思議な仲間たち』『人間になりたがった猫』『エルリック・コスモスの239時間(エルコスの祈り)』『魔法をすてたマジョリン』などがあり、退団後も多くの商業演劇、ミュージカルに作品を提供している。グループの音楽はソングライターでもあるヒロセ純が中心となり支えている。

    ■主な上演作品
     Kajical Mystery Tourシリーズ
     TAROH
     MOTHER
     ビバ!支倉
     ベンジー!
     STREAM
     birds
     繭姫
     文芸倶楽部シリーズ
     びしゃもんさま
     動物の謝肉祭
     万葉の森に笛の音がきこえる
     クリスマスって大変!シリーズ
     エレクトリック・ドールズ
     くるみ割りカラス
     Is it LIFE?
     日専連七夕企画ミュージカル
     DANCE DAISUKIシリーズ
     仙台七夕星の宵まつりパレード
     chain
     sakura
     繭姫
     常長の祈り
     いのちのシリーズ ほか

    ■制作・制作協力・指導
     みやぎオリジナルステージ(宮城県主催)
     歌津町(現・南三陸町歌津地区)小学生ミュージカル
     大崎こどもミュージカル
     東北電力主催各種ミュージカル
     みやぎ国体夏季大会開会式
     響ホール主催ミュージカル(山形県)
     七ヶ浜国際村ミュージカル
     福島市音楽堂主催ミュージカル(福島県)
     一関市民ミュージカル(岩手県)
     よねざわ市民ミュージカル(山形県)
     ミュージカル常長の祈り(宮城県主催)
     日生劇場被災地公演(制作協力)
     仙台七夕仕掛物(声の出演) ほか

    ■主宰
     梶賀千鶴子(演出家、ミュージカル作家、脚本家、振付師)

    ■代表
     廣瀬 純(有限会社純クリエイション代表取締役、株式会社彩創屋取締役)

    ■顧問
     筒井俊明(税理士)
     塚本 悟(舞台照明家)
     大坂欣也(社会福祉法人仙台キリスト教育児院院長)

    ■指導員
     現在プロの俳優(劇団四季出身)1名を含む常勤3名体制で担当している。

    ■事務局
     〒980-0811 仙台市青葉区一番町1丁目4-30さのやビル 3F
     Tel: 022-224-7051 Fax:022-213-7789

    ■稽古場
     〒980-0811 仙台市青葉区一番町1丁目4-30さのやビル B1
     Tel&Fax: 022-262-0530

    ■インターネット
     E-Mail:info@scsmusical.com
     URL:http://www.scsmusical.com
     Blog:http://jun-harvest.blogspot.jp/

  • 梶賀 千鶴子 〔主宰〕(かじかちづこ)プロフィール

     宮城県仙台市生まれ。演出家、ミュージカル作家、脚本家、振付師。
     SCSミュージカル研究所主宰、有限会社純クリエイション取締役兼芸術監督、
     宮城県教育文化功労者(2010)。宮城学院女子大学非常勤講師。

     宮城学院女子大学学芸学部卒業後、同大日本文学科研究室副手として演劇研究の一方、バレエ教室教師や自立劇団を主宰。

     1971年劇団四季入団。『コーラス・ライン』『ジーザス・クライスト・スーパースター』『キャッツ』など多くの作品において演出助手・演出補を担当。又、ニッセイ名作劇場の作品などファミリーミュージカルの作・演出や海外ミュージカルの訳詞等を手がけると同時に、付属研究所にて俳優育成にもつとめた。
     劇団四季時代には『ユタと不思議な仲間たち』『人間になりたがった猫』『エルリックコスモスの239時間(エルコスの祈り)』『魔法をすてたマジョリン』などの台本・演出・振付を担当し、多くの創作ミュージカルを世に送り出した。これらの作品は現在も劇団四季の人気作品として上演されている。
     1986年劇団四季退団後フリーとして活動。ミュージカル『ゴールデンボーイ』、松本幸四郎主演ミュージカル『ZEAMI(ゼアミ) 』、冨田勲作品『トミタサウンドクラウドオペラ〜ヘンゼルとグレーテル』等の台本、演出を手がける。
     最近では2003年8月に日生劇場40周年記念ミュージカル『みどりのゆび』の台本、演出を、2004年劇団わらび座ミュージカル『きらきら風の旅冒険』の作、演出担当。

     一方で1990年私塾として「スタジオChizuko仙台」(SCS)を故郷仙台市に設立、主宰。付属研究所のSCSミュージカル研究所*は1993年のトロント(カナダ)公演を成功させたほか、現在も仙台を中心に精力的に創作ミュージカル作品を発表し続けている。
     地元では自主公演作品のほか自治体等からの受託制作作品も多く、宮城学院創立100周年記念ミュージカル『ハート・バイ・ハート・ツアー』(1986)、仙台市主催の市制100周年記念ミュージカル『OH!ZEI』(1989)や宮城県主催の『ビバ!支倉』(1993〜94)、1994年から2005年の11年間継続した同県歌津町主催小学生ミュージカル指導(1998年度全国ふるさとイベント大賞)、大崎地域(古川市を中心とする1市13町)の創作こどもミュージカル(1995〜)、七ヶ浜国際村創作ミュージカル(2001年〜)、岩出山町スコーレハウス10周年記念ミュージカル(2002)、山形県余目町における亀の尾ミュージカル(2002)岩手県一関市民ミュージカル『みちのくミュージカルシアター』(2008年〜)などがある。

    このほかに近年の活動として

    2001年

    みやぎ国体夏季大会開会式式典前演技の演出を担当、シンクロナイズドスイミングとミュージカルを融合させる初の試みに成功し話題となった。

    2004年

    母校、宮城学院女子大学日本文学科において非常勤講師としての勤務を開始。

    2005年

    SCS創立15周年記念ミュージカルとして『TAROH』『MOTHER』をリメイク公演。

    2006年

    七ヶ浜国際村ミュージカル3部作を5年がかりで完成。

    2007年

    福島市音楽堂ミュージカルの作・演出。

    2009年

    一関市民による平泉ミュージカル『夕焼けの向こうに』(作・演出・振付)東京公演(豊島公会堂)にて満席のお客様より好評を博す。同年7月より山形県米沢市において市民ミュージカルの指導に着手。

    2010年

    SCSミュージカル研究所にキッズクラスを開設。幼児レッスンを開始。 宮城県教育文化功労者表彰

    2011年

    震災後も復興に向けての作品制作に励む。仙台、七ヶ浜町でそれぞれ新作を発表。 よねざわミュージカル東京公演を演出。

    2012年

    七ヶ浜ミュージカル東京公演(日生劇場)作・演出 震災をテーマにしたSCSミュージカル『sakura』上演(電力ホール)

  • 廣瀬 純 〔代表〕(ひろせじゅん)プロフィール

     1961年山形県米沢市生まれ。米沢興譲館高等学校、東北学院大学文学部英文学科卒。舞台プロデューサー、シンガーソングライター。大学卒業後コンピュータメーカーにて汎用機の営業職を担当。1990年退社、SCSミュージカル研究所設立。以後、仙台を中心とした音楽活動や、国内外におけるオリジナルミュージカルのプロデュースを続けている。
     SCSミュージカル研究所代表。有限会社純クリエイション代表取締役。株式会社彩創屋取締役。歌津町(現南三陸町)教育文化功労者(1999)。東北学院大学非常勤講師。

    [廣瀬純の主な活動 / 経歴]

    平成2年(1990)

    有限会社純クリエイションならびにSCSミュージカル研究所設立。仙台市内ライブハウスでソロ演奏(平成5年まで)

    平成3年(1991)

    創作ミュージカル『TAROH』をプロデュース、作曲、出演。

    平成4年(1992)

    創作ミュージカル『MOTHER』をプロデュース、作曲、出演。国際環境シンポジウム『Spirit of Place/仙台』テーマソング作曲。オリジナルCD[黎明](全16曲)を発表。収録曲の中から[Good bye My Town]が仙台放送テレビの開始・終了曲に起用。カナダで行なわれた国連関係団体主催による国際環境会議[Eco-Ed]の招聘を受け『TAROH』トロント公演 (トロント市内バセット劇場)をプロデュース。

    平成5年(1993)

    米国にて単独ライブを行ない、サンフランシスコのTV・ラジオに出演。宮城県からの受託により創作ミュージカル『ビバ!支倉』を制作。作曲の他、伊達藩士支倉六右衛門常長役で主演。宮城県内のべ6ヶ所にて公演。米沢市立第五中学校創立30周年記念式典にて演奏。仙台市在住の音楽家、榊原光裕氏と『ビバ!支倉』CDを共同プロデュース。又、同氏との初のコンサート『JAM』を上演。

    平成6年(1994)

    仙台市青葉区荒町にある毘沙門天をテーマにしたミュージカルを制作。宮城県大衡村にて野外音楽劇『万葉の森に笛の音がきこえる』を制作。また宮城県歌津町で小学生約300人が出演する創作ミュージカルをプロデュース。同年9月から平成8年まで仙台放送[今、きらめいて] (毎週日曜日放映、新潟を含む東北7県ネットワークのヒューマンドキュメンタリー番組)の司会者を担当。

    平成7年(1995)

    東北電力グリーンプラザ(仙台市)にてコンサート。ひまわり号10周年記念福祉ミュージカル『ベンジー!』プロデュース、東北学推進事業大崎実行委員会主催こどもミュージカル、星律子マリンバリサイタルをそれぞれプロデュース。

    平成8年(1996)

    創作ミュージカル『ストリーム』プロデュース。日専連仙台七夕企画創作ミュージカルプロデュース開始。5月よりのべ3ヶ月にわたり自作曲のレコーディングのため渡米。

    平成9年(1997)

    仙台放送[ほっとチャンネル]、山形放送[ぴよぴよ卵ばくだん]レギュラー出演。仙台市立長町中学校創立50周年記念ミュージカル『SATOSHI』プロデュース。米国サンフランシスコにて録音制作したCD『Secret Plan』を発表。東北電力グリーンプラザコンサート200回記念ミュージカル制作、出演。大崎こどもミュージカル『Power of Love97』プロデュース。

    平成10年(1998)

    94年から継続指導している歌津町小学生創作ミュージカルが『ふるさとイベント大賞』 (自治大臣賞)を受賞し日本一となる。5月、創作ミュージカル『繭姫』プロデュース、音楽監督、出演。7月、米沢市まちのひろばにてコンサート、同月廣瀬純コンサート[Secret Plan](141スタジオホール)

    平成11年(1999)

    宮城県歌津町より教育文化功労者表彰、榊原光裕コンサート『a pianist』にボーカルで参加。仙台市演劇祭参加作品『いづい・らいふ』制作、音楽監督。

    平成12年(2000)

    SCS創立10周年記念公演『TAROH』『ビバ!支倉』制作、出演、音楽制作。古川市制50周年記念ミュージカル『MIMI』プロデュース。

    平成13年(2001)

    みやぎ国体夏季大会開会式式典前演技シンクロナイズド・ミュージカル『ビバ!支倉』プロデュース、主演。同国体秋季大会開会式プロローグ出演。第5回全国亀の尾サミット(山形県)にて『ひとつぶの煌き』公演、出演。宮城県七ヶ浜町国際村ホール付属ミュージカルグループ「NaNa5931」結成をプロデュース。仙台青年会議所創立50周年記念アトラクションン制作。

    平成14 年(2002)

    岩出山町文化ホール創立10周年記念公演『MIMI』プロデュース。仙台放送TV番組『定禅寺家の人々』出演。

    平成15年(2003)

    日生劇場(東京)40周年記念ミュージカル『みどりのゆび』制作協力。わらび座ミュージカル『きらきら風の旅冒険』制作協力。

    平成16年(2004)

    廣瀬純コンサート『individual』を仙台と秋田で公演。七ヶ浜国際村ミュージカル『MEGURU(めぐる)』制作、音楽監督。翌年、宮城県民会館にて上演。

    平成17年(2005)

    廣瀬純ライブ『Sentimental』を仙台市内で展開。SCSミュージカル研究所ファーストCD『私の夢』制作。その中から「ありがとう」「わすれないで」の2曲がベガルタ仙台のホームゲームで流れる。SCSミュージカル『MOTHER』プロデュース、出演。七ヶ浜国際村ミュージカル『Friends Again』制作、音楽監督。

    平成18年(2006)

    仙台市、大崎市、七ヶ浜町の各地でこどもミュージカルのプロデュースを行うと同時に前年に引き続き、仙台市内を中心に弾き語りライブを展開。

    平成19年(2007)

    サイトウミノルをはじめとする仙台在住のミュージシャン4人によるユニットJUN_harvest結成。マキシCD『はっぱのうた』をリリース。福島市音楽堂にて音楽堂初のミュージカル公演をプロデュース。オリエンタルランド社制作によるブロードウェイ・パペット・ミュージカル『みつばちマーヤの冒険』に歌と声(モス役)の出演。

    平成20年(2008)

    岩手県平泉を中心とする地域の世界遺産登録を記念する市民ミュージカルのプロデュースを開始。

    平成21年(2009)

    CD『KIZUNA』をリリース。山形県米沢市において市民ミュージカル「伝国座」のプロデュースを開始。

    平成22年(2010)

    事務所と稽古場を仙台市中心部に移転し、キッズクラスを新設。 SCS20周年記念公演「chain」(電力ホール)プロデュース。

    平成23年(2011)

    震災後は七ヶ浜町や南三陸町の支援活動に励む一方、よねざわ市民ミュージカル東京公演(豊島公会堂)を実現。子どもの笑顔をキーワードに被災地から生みだすミュージカルの制作に没頭。

    平成24年(2012)

    震災後生まれたSCSミュージカル「sakura」(電力ホール)、七ヶ浜ミュージカル「ゴーへ」東京公演(日生劇場)をプロデュース。

お問い合わせ | プライバシーポリシー
Copyright © Studio Chizuko Sendai. All Rights Reserved.