代表 廣瀬 純(ひろせ じゅん)

 山形県米沢市生まれ。米沢興譲館高等学校、東北学院大学文学部英文学科卒業。舞台プロデューサー、シンガーソングライター(ヒロセ純)。

 大学卒業後コンピュータメーカーにて汎用機の営業職を担当。1990年退社。同年SCSミュージカル研究所設立。以後、仙台を中心とした音楽活動や、国内外におけるオリジナルミュージカルのプロデュースを続けている。

 近年は、2011年に平泉ミュージカル ドイツ(フランクフルト)公演、2012年に七ヶ浜ミュージカルの東京(日生劇場)公演なども成功させている。

 また、2013年には宮城県などが主催した慶長遣欧使節団出帆400年記念ミュージカル『常長の祈り』を制作し、役者としても支倉常長役にて主演。一方、震災後発刊された詩集『ありがとうの詩』(河北新報社刊)では付属CDに作曲家・歌手として参画している。

 SCSミュージカル研究所代表、有限会社純クリエイション代表取締役、七ヶ浜国際村舞台芸術育成事業、よねざわ市民ミュージカル伝国座、仙台市民ミュージカル 各プロデューサー。東北学院大学非常勤講師、東北大学非常勤講師。

 歌津町教育文化功労者(1999年)、米沢市芸術文化協会特別賞(2015年)

 ブログ『美味しい歌舞音楽舞台』http://jun-harvest.blogspot.jp/

 

[主な活動・経歴]

平成1年(1990) 有限会社純クリエイション並びにSCSミュージカル研究所設立。仙台市内ライブハウスでソロ演奏活動を行う(平成5年まで)

 

平成2年(1991) 創作ミュージカル『TAROH』をプロデュース、作曲、出演

 

平成3年(1992) 創作ミュージカル『MOTHER』をプロデュース、作曲、出演。国際環境シンポジウム『Spirit of Place/仙台』テーマソング作曲。オリジナルCD『黎明』(全16曲)を発表。収録曲の中から『Good bye My Town』が仙台放送テレビの開始・終了曲に起用。カナダで行なわれた国連関係団体主催による国際環境会議Eco-Edの招聘を受け『TAROH』トロント公演 (バセット劇場)をプロデュース

 

平成5年(1993) 米国にて単独ライブを行ない、サンフランシスコのTV・ラジオに出演。宮城県からの受託により創作ミュージカル『ビバ!支倉』を制作。作曲の他、伊達藩士支倉六右衛門常長役で主演。宮城県内のべ6ヶ所にて公演。米沢市立第五中学校創立30周年記念式典にて演奏。仙台市在住の音楽家、榊原光裕氏と『ビバ!支倉』CDを共同プロデュース。又、同氏との初のコンサート『JAM』を上演

 

平成6年(1994) 仙台市青葉区荒町にある毘沙門天をテーマにしたミュージカルを制作。宮城県大衡村にて野外音楽劇『万葉の森に笛の音がきこえる』を制作。また宮城県歌津町で小学生約300人が出演する創作ミュージカルをプロデュース。同年9月から平成8年まで仙台放送『今、きらめいて』 (毎週日曜日放映、新潟を含む東北7県ネットワークのヒューマンドキュメンタリー番組)の司会者を担当

 

平成7年(1995) 東北電力グリーンプラザ(仙台市)にてコンサート。ひまわり号10周年記念福祉ミュージカル『ベンジー!』プロデュース、東北学推進事業大崎実行委員会主催こどもミュージカル、星律子マリンバリサイタルをそれぞれプロデュース

 

平成8年(1996) 創作ミュージカル『ストリーム』プロデュース。日専連仙台七夕企画創作ミュージカルプロデュース開始。5月よりのべ3ヶ月にわたり自作曲のレコーディングのため渡米

 

平成9年(1997) 仙台放送『ほっとチャンネル』、山形放送『ぴよぴよ卵ばくだん』レギュラー出演。仙台市立長町中学校創立50周年記念ミュージカル『SATOSHI』プロデュース。米国サンフランシスコにて録音制作したCD『Secret Plan』を発表。東北電力グリーンプラザコンサート200回記念ミュージカル制作、出演。大崎こどもミュージカル『Power of Love 97』プロデュース

 

平成10年(1998) 歌津町小学生創作ミュージカル(94年から継続指導)が『第2回ふるさとイベント大賞』(自治大臣表彰)を受賞し日本一となる。5月、創作ミュージカル『繭姫』プロデュース、音楽監督、出演。7月、米沢市まちのひろばにてコンサート、同月廣瀬純コンサート『Secret Plan』(141スタジオホール)

 

平成11年(1999) 宮城県歌津町より教育文化功労者表彰、榊原光裕コンサート『a pianist』にボーカルで参加。仙台市演劇祭参加作品『いづい・らいふ』制作、音楽監督

 

平成12年(2000) SCS創立10周年記念公演『TAROH』『ビバ!支倉』制作、出演、音楽制作。古川市制50周年記念ミュージカル『MIMI』プロデュース

 

平成13年(2001) みやぎ国体夏季大会開会式式典前演技シンクロナイズド・ミュージカル『ビバ!支倉』プロデュース、主演。同国体秋季大会開会式プロローグ出演。第5回全国亀の尾サミット(山形県)にて『ひとつぶの煌き』公演、出演。宮城県七ヶ浜町国際村ホール付属ミュージカルグループ「NaNa5931」結成をプロデュース。仙台青年会議所創立50周年記念アトラクション制作

 

平成14年(2002) 岩出山町文化ホール創立10周年記念公演『MIMI』プロデュース。仙台放送TV番組『定禅寺家の人々』出演

 

平成15年(2003) 日生劇場(東京)40周年記念ミュージカル『みどりのゆび』制作協力。わらび座ミュージカル『きらきら風の旅冒険』制作協力

 

平成16年(2004) 廣瀬純コンサート『individual』を仙台と秋田で公演。七ヶ浜国際村ミュージカル『MEGURU(めぐる)』制作、音楽監督。翌年、宮城県民会館にて上演

 

平成17年(2005) 廣瀬純ライブ『Sentimental』を仙台市内で展開。SCSミュージカル研究所ファーストCD『私の夢』制作。その中から『ありがとう』『わすれないで』の2曲がベガルタ仙台のホームゲームで流れる。SCSミュージカル『MOTHER』プロデュース、出演。七ヶ浜国際村ミュージカル『Friends Again』制作、音楽監督

 

平成18年(2006) 仙台市、大崎市、七ヶ浜町の各地でこどもミュージカルのプロデュースを行うと同時に前年に引き続き、仙台市内を中心に弾き語りライブを展開

 

平成19年(2007) サイトウミノルをはじめとする仙台在住のミュージシャン4人によるユニットJUN_harvest結成。マキシCD『はっぱのうた』をリリース。福島市音楽堂にて音楽堂初のミュージカル公演をプロデュース。オリエンタルランド社制作によるブロードウェイ・パペット・ミュージカル『みつばちマーヤの冒険』に歌と声(モス役)の出演

 

平成20年(2008) 岩手県平泉を中心とする地域の世界遺産登録を記念する市民ミュージカルのプロデュースを開始

 

平成21年(2009) JUN_harvest CD『KIZUNA』をリリース。山形県米沢市においてよねざわ市民ミュージカル「伝国座」のプロデュースを開始

 

平成22年(2010) 事務所と稽古場を仙台市中心部に移転し、キッズクラスを新設。 SCS創立20周年記念公演『chain』(電力ホール)プロデュース

 

平成23年(2011) 震災後は七ヶ浜町や南三陸町の支援活動に励む一方、よねざわ市民ミュージカルの『Fatih』東京公演(豊島公会堂)を実現。子どもの笑顔をキーワードに被災地から生みだすミュージカルの制作に没頭。

 

平成24年(2012) 震災後に生まれたSCSミュージカル『sakura』(電力ホール)、七ヶ浜ミュージカル『ゴーへ』東京公演(日生劇場)をプロデュース。詩集『ありがとうの詩』(河北新報社刊、CD付録)に作曲家・歌手として参画

 

平成25年(2013) よねざわ市民ミュージカル2度目の東京公演(サンパール荒川)、慶長遣欧使節出帆400年記念ミュージカル『常長の祈り』(東京エレクトロンホール宮城、宮城県ほか主催)をプロデュース。『常長の祈り』では支倉常長役として主演も務める

 

平成26年(2014) ミュージカルのプロデュースと並行して、JUN_harvestライブツアー『Live Come Alive』を仙台(エル・パーク仙台)と東京(南青山MANDALA)で開催。ソロとしてもコンサート『SONGS FROM SCS』(仙台市福祉プラザふれあいホール)を開催

 

平成27年(2015) SCS創立25周年記念公演『カミナリム』、七ヶ浜ミュージカル『ゴーへ』の名古屋公演(ウインクあいち)、JR東日本『杜の都コンサート-ミュージカル-』(JR仙台駅)をプロデュース

 

平成28年(2016) 置賜文化ホール自主事業『Musical Songs Medley』、SCSミュージカル『ブリリアンの秘密』等をプロデュース。また仙台フィルハーモニー管弦楽団『ニューイヤーコンサート』『劇場の音楽会』でSCSとのコラボレーションに協力

 

平成29年(2017) 出身地である米沢に、戦国時代に生まれ育った武将・伊達政宗の青年期までを描いた『梵天丸』(置賜文化ホール、よねざわ市民ミュージカル公演)、さいとう製菓(株)主催 復興大船渡ミュージカルショー『輝く星』(大船渡市民会館)、出演者総勢110名の仙台市民ミュージカル『仙台ねこ』等をプロデュース

Copyright © 1990-2018 SCS Musical Theatre Company. All rights reserved.